読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

残業は悪なのか正なのか。成功者を見て考えてみる。

働き方

f:id:businessdeawee:20160212185003j:plain

「残業は果たして悪なのか?」

日本には残業を「悪」とも「正」ともしないあいまいな文化があります。

まあ、残業を残業と思わずに働いているのならば、それはそんなに悪いことではないように思うのですが、どうなのでしょう?

本人が好きで働いているのなら良いような気がします。というのも、先日こんな記事を読みました。

  • 社長が忙しい会社は危ないという話
  • 社長が働きまくる会社は成功しているという話
  • 残業を減らすための推薦図書
続きを読む

メンタルは弱い部分があるから良い?メンタルを鍛える4つの方法と本の名言。

名言 スキル

f:id:businessdeawee:20160211174500j:plain

本日は「メンタル」について書きます。

メンタルの鍛え方について調べてみると、こんな記事が出てきました。

4meee.com

4つの方法は以下になります。

  • 1. 体を鍛える
  • 2. プラスに捉える練習
  • 3. 行動力をつける
  • 4. 迷ったら厳しい方を選んでみる
  • 風が強く吹いている
続きを読む

副業関連のおすすめ本2冊(後編)。

働き方 推薦図書 副業

f:id:businessdeawee:20160211161918j:plain

 

後編では2つほど別の方法をご紹介します。

  • 2. イベント 
  • 3. Airbnb 
    • 1. どこの物件で始めれば良いか?
    • 2. ゲストが泊まりに来る物件の紹介文はどう書けば良いか?
    • 3. 部屋には何を置けばよいか?
    • 4. ゲスト(泊まりに来る人)とのやり取りはどうすれば良いか?
    • 5. 全然人が泊まりに来ない場合はどうすれば良いか?
  • 初心者向けAirbnb推薦図書
続きを読む

副業関連のおすすめ本3冊(前編)。

副業 働き方 推薦図書

f:id:businessdeawee:20160211124853j:plain

最近目にした副業関連の記事がちょっと胡散臭かったので、個人的に思うところを少し書きます。僕もサラリーマン時代にいくつか副業をやったことがあるので、参考までに経験をシェアしてみようかと思います。

まずレバレッジが一番良いのは金融商品への「投資」ですが、これらはリスクも高くやらない方も多いように思いますので、それ以外のジャンルで紹介していこうかと思います。

続きを読む

【人生に関する本の名言】50代からのチャレンジと20代からのチャレンジ。

働き方 名言

f:id:businessdeawee:20160211105956j:plain

人生に対する考え方は、人それぞれです。

今日は2つの異なる考え方について考えてみました。

「今を楽しむ。今が楽しければそれで良い」という考え方

「今が楽しければそれで良い!」という考え方があります。

往々にして、こういう方は歳をとるにつれて世の中に不満を言うようになる傾向があるような気がしないでもないのですが、上手くやる人も中にはいるように思います。

そんな方に合いそうなのか、こちらの名言です。

  • 「今を楽しむ。今が楽しければそれで良い」という考え方
  • 時にはのんびり人生を楽しむ
  • 気づいたら年をとりすぎてしまっていた?
  • 「人生は短いからやりたいことをやって生きる」という考え方
  • GMO熊谷氏の記事と本
  • スティーブジョブズの名言
続きを読む

お金を稼ぐことに関するホリエモンの名言。稼ぐためには何が全て?

スキル 名言

f:id:businessdeawee:20160210211215j:plain

先日書いた記事に予想外にブクマがついたので、「稼ぐ」ことに関して、もう1点だけ思うところを書こうか思います。

よく、「あの仕事はいいよな~あのサービスはいいよな~楽して儲かるから」と言う人がいます。

  • 成功者と、単に嫉妬するだけの人との違い
  • 成果を出している人々の見えない努力や苦労
続きを読む

【王道6選】情報収集のためのキュレーションメディア(ビジネス編)。

サービス

f:id:businessdeawee:20160209171251j:plain

以前情報収集を効率化するツールの記事を書いたので、ついでにビジネス系の情報を収集するために良く見るキュレーションメディアについても書こうかと思います。

ちなみに「キュレーションメディア」と検索すると下記のような記事が出てきますが、中々全部を見切れないのが実情でしょう。

boxil.jp

そんな訳で、今回は独断と偏見で、この6つのどれかしらはビジネスマンの携帯に入っているでしょう!というものをご紹介しようかと思います。

  • 2016年の王道キュレーションメディア6選
    • 1.Gunosy
    • 2.Newspicks
    • 3.Smartnews
    • 4.Vingow
    • 5.Kamelio
    • 6. Presso
  • 海外のキュレーションメディア
  • キュレーションに関する本
続きを読む